Sponsored Link


福田智代が背泳ぎで2年連続2冠、400m個人メドレーは中村咲子が圧勝・2006インターハイ第18日 福田が2年… 



Sponsored Link
 


福田智代が背泳ぎで2年連続2冠、400m個人メドレーは中村咲子が圧勝・2006インターハイ第18日

福田が2年連続2冠 女子板飛び込みは樋口V2 全国高校総体(インターハイ)第18日は19日、大阪なみはやドームなどで水泳が 行われ、競泳女子200メートル背泳ぎは福田智代(群馬(あなたが明日会う人々の四分の三は、「自分と同じ意見の者はいないか」と必死になって探している。この望みをかなえてやるのが、人に好かれる秘訣である)・藤岡中央)が2分12秒44 で制し、100メートルとの2年連続2冠を達成した。
同400メートル個人メドレーは中村咲子(東京・東京立正)が4分45秒31で圧勝し、200メートルとの1年生2冠。
同800メートル自由形は宮部加奈子(大阪・太成学院 大高)が8分49秒64で2連覇を果たした。
男子では200メートル背泳ぎで1年生の伊与部嵩(神奈川・湘南工大付)が 2分3秒94で勝ち、100メートルとの2種目制覇。
400メートル個人メドレーは 山田泰士(東京・世田谷学園)が4分25秒27で2連覇した。
女子板飛び込みは樋口絵里衣(兵庫・甲子園学院)が497・65点で2年連続の優勝を遂げた。
引用元 【競泳】女子200m個人メドレーで中村咲子、400m自で田井中千加が1年生優勝・2006インターハイ第16日

人は、その生涯の最初の四十年間において本文を著述し、つづく三十年間において、これに対する注釈を加えていく



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加