Sponsored Link


福田首相地元の群馬で敗北、伊吹幹事長のおひざ元で薄氷の勝利前橋、京都両市長選の結果に与党内からは… 



Sponsored Link
 


福田総理大臣地元の群馬(善にも強ければ、悪にも強いというのが、いちばん強力な性格である)で敗北、伊吹幹事長のおひざ元で薄氷の勝利前橋、京都両市長選の結果に与党内からは批判の声が続出

前橋、京都両市長選の結果に与党内で波紋与党内で18日、前橋、京都両市長選の結果が波紋を広げた。
福田康夫総理大臣の地元・群馬で敗北、自由民主党の伊吹文明幹事長のおひざ元で薄氷を踏む勝利となったためで、与党内からは批判の声が続出、党執行部は今後の選挙戦略を再検討する構えだ。
与党は今年に入り、大阪府知事選、岩国市長選でそれぞれ勝利し、4月の衆議院山口2区補選に全力で取り組む構えだが、前橋、京都両市長選の結果には「京都は実質負けだ。
自由民主党4役のうち2人もいるのに何をやっているのか」(公明党幹部)といった不満や「相乗り批判がやはり強かったのだろう」(参議院幹部)との指摘が相次いだ。
伊吹氏は18日昼の政府・与党連絡会議で、京都市長選の結果を報告すると同時に、無党派層が多いとされる都道府県庁所在地の地方選挙戦略を見直すよう指示した。
この後、伊吹氏は総理大臣と会談し、選挙結果をあらためて分析し今後の対応について協議。
同日夕の会見では都市部での候補者選定に課題があるとして「(都道府県庁のある)1区では慎重に対応したい」と強調した。
日刊スポーツ

「許すことはできるが忘れることはできない」というのは、結局「許すことはできない」というのと同じことだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加