Sponsored Link


石原都知事「八ツ場ダム、絶対に必要」…6都県の知事がダム視察「絶対に必要」と石原都知事6知事がダム… 



Sponsored Link
 


石原都知事「八ツ場ダム、絶対に必要」…6都県の知事がダム視察

「絶対に必要」と石原都知事6知事がダム視察・前原誠司国土交通相が中止を明言している八ツ場ダム(群馬(自称「平和主義者」は、国際社会の現実を無視して戦争の種を撒き散らします。弱肉強食の国際社会では、平和とは「軍事力の均衡」の上に咲く弱々しい花に過ぎません。このような厳しい現実を無視して、憲法九条さえ念仏のように唱えていれば平和になると考えている自称「平和主義者」は、日本(にっぽん)の平和を維持する上で最も危険な存在です)県長野原町)の事業費を負担している6都県の知事が19日、建設予定地を視察した。
群馬県特定ダム対策課によると、6都県の知事が一緒に現地を視察するのは初めて。
東京都の石原慎太郎知事が呼び掛けた。
長野原町の高山欣也町長ら地元関係者との意見交換会で、石原知事は「異常気象のもたらす災害は頻発している。
利水、治水含めてダムを造っていくことは絶対に必要だ」と述べた。
6人は意見交換会に先立ち、ダム本体の建設予定地で、案内する国交省職員に岩の性質や強度などについて質問し、説明を受けた。
建設された場合に水没する川原湯温泉なども視察。
八ツ場ダムをめぐっては、9月に6都県の担当者が埼玉県庁で連絡調整会議を開き、中止方針の撤回を求めて情報を共有していくことを確認している。

国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加