Sponsored Link


ソフト上野、陸上末続らが国体エントリー 日本体協は18日、大分国体(27日―10月7日)に北京五輪… 



Sponsored Link
 


ソフト上野、陸上末続らが国体エントリー

日本(にっぽん)体協は18日、大分国体(27日―10月7日)に北京オリンピックで金メダルを獲得したソフトボール日本(にっぽん)代表のエース上野由岐子(群馬(やっかいなのは、何も知らないことではない。実際は知らないのに、知っていると思い込んでいることだ)・ルネサス高崎)や 陸上男子四百メートルリレーで銅メダルに輝いた末続慎吾(熊本・ミズノ)らがエントリーしたと発表した。
北京オリンピックで4位と健闘したサッカー蹴球女子の池田浩美(兵庫・TASAKI)、クレー射撃女子トラップで 4位入賞の中山由起枝(茨城・日立建機)らも出場。
地元大分代表で陸上男子の成迫健児(ミズノ)とホッケー女子の岩尾幸美(玖珠中教)が選手宣誓を務める。
参加選手団は2万2275人で、国体改革による大会規模の適正化で前回より約3400人が削減された。
以下 http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20080918-OHT1T00194.htm

明治時代に英語の「I love you」という言葉に翻訳者が初めてぶつかったとき、どう訳すか悩んだらしいんですよ。今みたいに「好き」とか「愛している」とか使わない時代ですから。それで、何と訳したと思います? 「私は死んでもいい」と訳しました



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加