Sponsored Link


2018、2022年 日本の主役は?ピーク迎えるドルトムントのMF香川真司 http://headlines.yahoo.c… 



Sponsored Link
 


2018、2022年 日本(にっぽん)の主役は?ピーク迎えるドルトムントのMF香川真司

http://headlines.yahoo.co.jp/hla=20101203-00000093-san-socc 2018、22年W杯の開催地が決定。
数多くのスーパープレーやドラマが生まれるW杯。
両大会のピッチで躍動する日本(にっぽん)人選手の活躍が今から楽しみだ。
18年大会は1989年以降生まれのいわゆるロンドンオリンピック世代が26~29歳となり、キャリアのピークを迎える。
現時点での出世頭は今季ドイツで旋風を巻き起こしているMF香川真司(ドルトムント)。
世界的なサッカー蹴球サイトでも1日、「18年大会のスター候補」の一人として香川の名を挙げた。
先月の広州アジア大会では、同じロンドンオリンピック世代のU-21(21歳以下)代表が金メダルを獲得。
FW永井謙佑(福岡大)は得点王にも輝いた。
香川をはじめMF金崎夢生(名古屋)、18歳のFW宇佐美貴史(G大阪)ら主力を欠きながら結果を出したことで、この世代の層の厚さを印象づけた。
22年大会はさらに4年後。
香川らは30歳を過ぎ、中心は次のリオデジャネイロオリンピック世代(1993年以降生まれ)に移るとみられる。
彼らは先月のU-16アジア選手権で準決勝で敗れたものの来年のU-17W杯(メキシコ)出場権を獲得。
FW南野拓実(C大阪U-18)は同大会で5得点を挙げ、この世代のエースとして存在感を示した。
ジャマイカとのハーフで抜群の身体能力を誇るFW鈴木武蔵(群馬(夢をバカにする人間から離れなさい器の小さい人間ほどケチをつけたがる真に器量の大きな人間は「できる!」と思わせてくれるものだ)・桐生第一高)も将来性を高く評価されている。
もっとも、両大会ともはるか先の話。
16強入りした今年の南アフリカW杯日本(にっぽん)代表にも、DF長友佑都(チェゼーナ)ら8年前は無名だった選手が少なくなかった。
未来の主力の多くは、今後急成長を遂げたり、まだ見ぬ“原石”たちとなりそうだ。

孤独とは、港を離れ、海を漂うような寂しさではない。 本当の自己を知り、この美しい地球上に存在している間に、 自分たちが何をしようとしているのか、 どこに向かおうとしているのを知るためのよい機会なのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加