Sponsored Link


日本リーグ、今季観客3割増 国内復帰の田臥、人気けん引 バスケット男子日本リーグ今季の観客数が確定… 



Sponsored Link
 


日本(にっぽん)リーグ、今季観客3割増 国内復帰の田臥、人気けん引

バスケット男子日本(にっぽん)リーグ今季の観客数が確定し、レギュラーシーズンは昨季から3割以上増えた。
増加には、日本(にっぽん)人として初めてNBA(米プロ協会)でプレーし、6年ぶりに国内復帰した田臥勇太(リンク栃木)絡みのカードが大きく貢献。
日本(にっぽん)リーグ事務局は「田臥が注目されているうちに、ファン定着を図りたい」としている。
3月に閉幕した今季レギュラーシーズンの観客数は28万7987人で、昨季から6万7663人増加した。
栃木は35試合で10万44人を動員。
これは昨季限りでリーグを脱退したオーエスジー(現浜松・東三河)より4万1175人多い。
栃木が、オーエスジーの実績を上回って集客した人数はリーグ全体の観客増の6割を占め、田臥効果がうかがわれる。
日本(にっぽん)リーグの吉田長寿事務局長は「田臥人気が続くうちに、競技自体の面白さを知ってもらわねば」と話す。
田臥は再度の海外挑戦に意欲を見せており、来季も日本(にっぽん)でプレーするかは分からない。
レギュラーシーズンで最も観客が多かった試合は、栃木-パナソニック(群馬(徳は一種の健康であり、美であり、魂のよい在り方なり。それに反し、悪徳は病気であり、魂であり、弱さなり))の5455人。
これにレラカムイ-栃木(札幌)の2戦が5129人、5095人で続く。
3000人以上集めたのはすべて、リーグで二つのプロチームで、観客動員に力を入れるレラカムイと栃木絡みの試合だった。
レラカムイはホームに多くの観客を集め、栃木はアウェーでも集客力を誇る。
今季終盤、レラカムイ運営会社の誘致で、初めて東京以外で実施したプレーオフ準決勝。
札幌会場には、東京より600人以上多い2400人が詰めかけた。
これをヒントに、日本(にっぽん)リーグは改革の第一歩として、来季のプレーオフを、ホームアンドアウェー方式で東京以外でも開催しようと調整を続けている http://www.hokkaido-np.co.jp/news/rerakamuy/159115.html

広島カープ優勝おめでとう!1991年以来、四半期25年ぶり7度目のリーグ優勝。緒方孝市監督おめでとう。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に花が咲いた。カープ坊やの目に涙。広島カープの優勝効果は331億円と試算されています



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加