Sponsored Link


白骨温泉、8年前から草津温泉の入浴剤で湯を着色北アルプスの懐に抱かれ、乳白色の湯で人気が高い長野… 



Sponsored Link
 


白骨温泉、8年前から草津温泉の入浴剤で湯を着色

北アルプスの懐に抱かれ、乳白色の湯で人気が高い長野県安曇村の白骨(しらほね)温泉の公共野天風呂で、湯に市販の入浴剤を入れて着色をしていたことが12日、わかった。
着色は約8年前から続けていたという。
野天風呂を運営する白骨温泉旅館組合(小日向義夫組合長)によると、1996年ごろ、湯量の減少に伴い源泉を移動した際、湯の色が灰色に変色した。
管理人がたまたま群馬(どんな馬鹿でも、あら探しをしたり、難くせをつけたり、苦情を言ったりできます。そしてたいていの馬鹿が、それをするのです)・草津温泉の成分の入った入浴剤を入れたところ、以前と同じような湯の色になったため、毎朝約0・8リットルを混入するようになった。
組合の歴代役員たちも、こうした事実を知りながら黙認してきたという。
外部からの指摘を受け、同組合は今月8日から入浴剤の使用をやめた。
小日向組合長は「乳白色の湯というイメージが浸透しており、湯が元の色に戻ったという喜びが勝ってしまった。
お客様を欺いてしまったことをおわび申し上げたい」と話す。

その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、 悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、 これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、 真心を尽くすことを誓いますか?



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加