Sponsored Link


北関東 怪奇伝説



Sponsored Link
 


現世とあの世の間に流れる「三途(さんず)の川」。そのほとりには脱衣婆(だつえば)という恐ろしい鬼の老婆がおり、川の渡し賃の六文銭を持たずにやってきた者から衣服を剥ぎ取り、その重さによって罪の軽重を調べ、死後の処遇を決めるという。「脱衣婆」、「三途川」そして「三途橋」が群馬県内に実在すると知り、恐る恐る足を運んだ。

県中西部の甘楽町。車がひっきりなしに通る国道254号の下に夏草に覆われ、両岸をコンクリートで固められた三途川が細々と流れていた。

川をのぞき込んでいた橋の欄干には三途橋のプレートがあった。そして、橋のたもとに脱衣婆を祀(まつ)る姥子堂(うばごどう)(町指定史跡)という小屋がひっそりあった。

姥子堂を管理する宝勝寺の巌(いわお)良昭住職(42)に頼み、堂の中を見せてもらった。のぞき込んでみると、奥の棚の上に眼をカッと見開いた脱衣婆が鎮座していた。

想像していたより温和な表情に見えた。これは、この身がまだ生きている証拠か…。

巌住職によると、20年ほど前に脱衣婆を修復した際、水晶の眼をガラス玉にし、その際に目の色が青くなったという。

昭和30年ごろまでは、毎年4月19日に地元の老人が集まり念仏を唱え、屋台なども出てにぎやかだったという。「子供が悪いことをすると脱衣婆に言いつけるぞ、と大人に脅されたものです」と巌住職は懐かしそうに話した。

姥子堂の建立時期は不明だが、文政3年(1820年)に書かれた「宝勝寺起立之書」には、行基(奈良時代の僧)が脱衣婆像を彫り、川の名を三途川と唱え、村人が堂を建て像を祀ったと書かれている。像と堂は焼失したため、江戸時代に再建したものという。

巌住職は「鉄分が多いせいか川がまっかな血のように見え、それで三途川と名付けたのでしょう」といわれを説明した。



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加