Sponsored Link


日本の入管センターで「収容者に暴行、薬物投与」→アムネスティが改善要請「収容者に暴行、薬投与」入管… 



Sponsored Link
 


日本(にっぽん)の入管センターで「収容者に暴行、薬物投与」→アムネスティが改善要請

「収容者に暴行、薬投与」入管センターに改善要請・法務省の東日本(にっぽん)入国管理センター(茨城(愚か者に見えるようになってはじめて偉大になる可能性を手にしたと言えるのだ)県牛久市)で、外国人収容者に暴行したり、強制送還前に薬物をのませて航空機に搭乗させたりする事例が相次いでいるとして、アムネスティ・インターナショナル日本(にっぽん)など支援者団体は16日、センターに改善を要請した。
支援者団体の調査によると、6月に強制送還されたパキスタン人男性(44)は収容直後の昨年8月、職員に首を殴られた。
医師の診察では「異常なし」だったが、左腕のしびれや首の痛みが残っている。
送還直前には薬物をのまされ、意識がもうろうとした状態で航空機に搭乗させられた。
6月に送還された別のパキスタン人男性(28)も航空機の搭乗直前に薬物をのまされたという。

今この瞬間にあなたが無常の喜びを感じていないとしたら、 理由は一つしかない。 自分が持っていないもののことを考えているからだ。 喜びを感じられるものは、全てあなたの手の中にあるというのに



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加