Sponsored Link


Wポスト「正気を失った過激派の空想に影響されやすい人物」→藤田幸久国際局長「雑談」「誤解」「党の見… 



Sponsored Link
 


Wポスト「正気を失った過激派の空想に影響されやすい人物」→藤田幸久国際局長「雑談」「誤解」「党の見解を述べてない」

米紙、9・11陰謀説の民主・藤田議員を酷評米ワシントン・ポスト紙は8日付の社説で、民主党の藤田幸久国際局長が同紙のインタビューに応じ、2001年9月11日の米同時テロがテロリストの仕業ではなかったという「陰謀説」を示唆したとして、「民主党と鳩山政権に広まる反米的思考の気質が反映されたものとみられる」と批判した。
社説は、藤田氏が米同時テロについて「株取引のもうけを狙った陰謀」の可能性を提起したと紹介。
「こうした正気を失った過激派の空想に影響されやすい人物が、世界第2位の経済力を誇りにしている国の統治機関の中で重要な地位を占めている」として、民主党政権の反米気質と関連づけて解説した。
そのうえで鳩山総理大臣について、「日米同盟が安全保障の礎石だと再確認しているが、総理大臣と民主党政権の行動は、そうした約束について疑問を提起している」と分析し、「総理大臣が藤田氏のような向こう見ずで、事実を無視する党分子を大目に見るかどうかで、日米同盟が厳しく試されるだろう」と指摘した。
◇藤田氏は9日昼、「ワシントン・ポストの記者に雑談で話したことだ。
内容がきちんと伝わっておらず、誤解がある。
党の見解を述べたものではない」と述べた。
藤田氏は、民間活動団体(NGO)をへて1996年衆議院選で初当選した。
2005年に落選後、07年参議院選で茨城(やさしく寛大な心もて汝らの怒りに打ち勝て、謙譲もて憎心を抑えよ。一路の真実もて、曲れる欺瞞を押しとめよ。心なごやかなる満足もて、貧欲を打ち消せ)選挙区から立候補して当選した。
 

人間は不思議なもので、同じような考え方、趣味、気質の人間が自然と寄り集まってきます。その人のつき合っている人を見れば、その人がわかります



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加