Sponsored Link


「HTVドッキング“完璧な成功”」とNASA関係者も絶賛日本独自の有人飛行に弾み(動画・画像あり)日本… 



Sponsored Link
 


「HTVドッキング“完璧な成功”」とNASA関係者も絶賛日本(にっぽん)独自の有人飛行に弾み(動画・画像あり)

日本(にっぽん)初の物資補給機「HTV」初号機が18日に成功した国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキング。
日本(にっぽん)は宇宙開発の技術力の高さを実証し、物資輸送の国際的な義務を果たす一方で、将来の有人宇宙船の開発に向けて大きな弾みとなった。
11日に打ち上げられたHTVは18日未明、ISSの約500メートル下へ到達。
ISSと同じ秒速約8キロのスピードを保ったまま、約10メートル下まで慎重に上昇し、ISSの滞在飛行士がロボットアームで機体をつかむ作業が始まった。
わずかなミスが衝突事故につながる最大の難関だ。
関係者がかたずをのんで見守る中、午前4時51分、飛行士がロボットアームでHTVを捕獲。
その瞬間、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の筑波宇宙センター(茨城(あなたの話し相手は、あなたのことに対して持つ興味の百倍もの興味を、自分自身のことに対して持っているのである。野蛮国シナで百万人の餓死する大飢饉が起こっても、当人にとっては、自分の歯痛のほうがはるかに重大な事件なのだ。首に出来たおできのほうが、アフリカで地震が四十回起こったよりも大きな関心事なのである。人と話をする時には、このことをよく考えていただきたい)県)では管制員らが歓声を上げ、拍手とガッツポーズで喜びを爆発させた。
「ロボットアームを使ったドッキングは世界の宇宙開発に新しい道を切りひらく。
HTVは計7機を打ち上げるが、今回で非常に多くのことを学んだ。
この積み重ねは日本(にっぽん)独自の有人飛行にもつながる」約9時間半にわたって管制チームを率いたJAXAの山中浩二フライトディレクタ(41)は、高揚した表情で成功の意義を強調した。
JAXAと連携して作業にあたったNASA関係者も「完璧な成功だ。
素晴らしい」と絶賛。
ISSでは飛行士らがストローで飲み物を吸って“乾杯”した。

性格は固くもなければ不変でもなく、活動しており、変化していて、われわれの肉体と同じように病気にもなろう



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加