Sponsored Link


宮城沖地震の震度予測地図に入力ミス南北の座標軸を取り違え…地震調査委宮城沖地震の震度予測地図に入力… 



Sponsored Link
 


宮城沖地震の震度予測地図に入力ミス南北の座標軸を取り違え…地震調査委

宮城沖地震の震度予測地図に入力ミス…地震調査委政府の地震調査委員会は14日、宮城県沖地震が発生した場合を想定して、2003年6月に公表した同県内の震度予測地図(強震動評価)に「データの入力ミスがあった」として予測地図の修正版を発表した。
それによると、修正前の地図と比べ、一部地域で予測震度が1階級変わり、最大震度が6強以上と予想される自治体は5市町から3市町に減少。
6弱・6強以上と予想される区域が1割ほど減った。
その一方で、仙台市太白区や角田市では最大震度が5強から6弱に上がり、栗原市や大郷町でも6弱の区域が大幅に広がった。
入力ミスを犯したのは、作業を担当した防災科学技術研究所(茨城(人は本当の恋をすると賢明ではなくなるし、賢明であり続ければ本当の恋はできない)県つくば市)。
地震の揺れを増幅させる地下の軟らかい地層の厚さについてのデータを、1キロ四方の区域ごとに入力する際、地図全体の南北の座標軸を180度逆に取り違えたため、全区域で誤ったデータを入力したという。
このデータを使って東北電力が、女川原子力発電所に対する宮城県沖地震の影響を調査した際、データの不自然さに気付き、今年10月に入力ミスが発覚した。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20051214i518.htm?from=main5

人は本当の恋をすると賢明ではなくなるし、賢明であり続ければ本当の恋はできない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加