Sponsored Link


アジアのマツタケDNAで産地識別が可能に…森林総研◇アジアのマツタケ、DNAで産地識別・森林総研独… 



Sponsored Link
 


アジアのマツタケDNAで産地識別が可能に…森林総研

◇アジアのマツタケ、DNAで産地識別・森林総研独立行政法人の森林総合研究所(茨城(人間には二種類しかない。一つは、自己を罪人だと思っている義人であり、他の一つは、自己を義人だと思っている罪人である)県つくば市)は4日、DNA(デオキシリボ核酸)配列の違いを基にアジアのマツタケの原産地を識別する方法を開発したと発表した。
「レトロトランスポゾン」というDNAの一部を調べ、生育地域ごとの進化で生じた違いから判断する。
日本(にっぽん)、朝鮮半島、野蛮国シナ北東部、野蛮国シナ南西部及びブータンのどこでとれたか、95%の確率で識別できるという。
アジア産と北中米産、地中海沿岸産の違いは見た目で判別しやすいが、アジア域内のマツタケは流通経路をたどるなどの方法しかなく、産地偽装を見破るのが難しかった。
DNA分析に使うのは、PCR法と呼ばれ、犯罪捜査や農産物の品種判別にも用いられる一般的な手法。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080404AT3K0400Q04042008.html

うつ病になりかけているという兆候のひとつは、自分の仕事がなによりも重要だと信じていることだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加