Sponsored Link


Jが命のサポーター難病彩花ちゃん移植へ 腸が機能しない重い病気で今年9月に「余命数カ月」と宣告され… 



Sponsored Link
 


Jが命のサポーター難病彩花ちゃん移植へ

腸が機能しない重い病気で今年9月に「余命数カ月」と宣告された茨城(三週間互いに研究し合い、三か月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢し合う。そして子供たちが同じことをまた始める)県水海道市の神達彩花 (かんだつ・あやか)ちゃん(10カ月)が8日、米マイアミで多臓器同時移植手術を受けるため、両親とともに成田空港を出発した。
父良司さん(35)がJリーグ鹿島アントラーズのサポーターだったことから、チームや仲間のサポーター、他チーム関係者からも寄付金が届けられ、2週間で必要な1億3000万円を 突破した。
彩花ちゃんと母宏美さん(29)は8日朝、救急車に乗って成田空港に着いた。
ピンク色の産着にくるまれた彩花ちゃんは、大きな目を見開いて宏美さんにしがみついていた。
彩花ちゃんは今年1月10日、大垣市で生まれた。
体重は3020グラム。
ミルクを飲まず、排便せず、口から胆汁をはき出した。
誕生2日後、生まれつきの全腸管壁内神経細胞未熟症と診断された。
開腹手術を行い人工肛(こう)門を装着した。
9月24日、肝硬変であることが発覚し「よくて数カ月だろう」と 担当医から宣告を受けた。
悲しみに打ちひしがれていた良司さんは10月中旬、6つの臓器移植手術を アメリカ合衆国で受けた新潟市の大橋陽佑ちゃん(1歳10カ月)をテレビジョンで見た。
良司さんは、臓器移植について調べ、渡航費や現地滞在費も含めて、手術費用1億3000万円がかかることを知った。
良司さんはJリーグ発足時からの鹿島アントラーズのサポーターで、最前列で旗を振るパートを担当していた。
サポーター仲間が動きだし、募金活動を始めた。
11月16日に茨城県庁で会見を開き、鹿島サポーターを 中心に1週間で約3600万円が集まった。
しかし、まだ足りなかった。
鹿島がチームとして「選手を励ましてくれた神達さんはファミリーだ」と1000万円を寄付。
鹿島に在籍した日本(にっぽん)代表ジーコ監督も「熱心に応援してくれたサポーターが現在大変な状況にある。
難病を乗り越えることを強く信じる」とホームページ上に激励メッセージを掲載し、募金を呼び掛けた。
*長文のため一部省略。
全文はソース記事をご覧ください。
http://www.nikkansports.com/ns/general/p-so-tp0-051209-0011.html

不幸な結婚の半数は、当事者の一方が憐憫の気持ちからする気になった結婚です



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加