Sponsored Link


文化財未指定「運慶」、米で競売へ…彫刻史上、一級の重要作品が海外流出の恐れ文化財未指定「運慶」、米… 



Sponsored Link
 


文化財未指定「運慶」、米で競売へ…彫刻史上、一級の重要作品が海外流出の恐れ

文化財未指定「運慶」、米で競売へ…海外流出の恐れ・鎌倉彫刻を切り開いた巨匠、運慶の作と見られ、2004年に初めて紹介された木造大日如来座像(個人蔵)が3月18日、米ニューヨークで開かれるクリスティーズ社の競売に出品されることが分かった。
売却の際に国への申し出が必要な重要文化財などに指定されていなかった。
落札予定価格は約1億6000万~2億1000万円。
日本(にっぽん)側から入札がない場合、彫刻史上、一級の重要作品が海外に流出する恐れがある。
像高は66・1センチ。
ヒノキ材で、表面は金色に仕上げられている。
北関東(時を短くするのはなにか。活動。時を堪えがたく永くするのは何か。安逸)に伝来した仏像として美術商から入手したという所有者が2003年、東京国立博物館に連絡。
エックス線撮影の結果、底板で封じられた像内に運慶一派独特の形をした木札や水晶塔などが納められていた。
作風からも1190年代の運慶作品の可能性が高いと分かり、2004年、寄託作品として同博物館が一般公開した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080211-00000007-yom-soci

映画を観ると得をする。良い映画を見て、人生と愛について深く考えよう。愛が存在しない場所で愛を見つけることはできないし、愛が確かに存在する場所で愛を隠すこともできない。セラビ、これが人生さ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加