Sponsored Link


想定の90倍規模「日本海溝のほぼ全域が同時に壊れた」今回の地震は、太平洋プレート(岩板)が、東北… 



Sponsored Link
 


想定の90倍規模「日本(にっぽん)海溝のほぼ全域が同時に壊れた」

今回の地震は、太平洋プレート(岩板)が、東北地方を乗せた北米プレートの下に潜り込むことによって起こる「海溝型地震」だ。
政府の地震調査委員会では、宮城県沖、三陸沖南部、福島県沖で起こる海溝型地震については、マグニチュード(M)7・5規模を想定していた。
しかし、今回の地震の規模はM8・8と想定を大きく上回った。
東京大学地震研究所の古村孝志教授は「M8・8は、想定されていたM7・5のエネルギーの約90倍に当たる。
1707年の宝永地震(M8・6)の2倍で、国内では最大級だ」と指摘。
「プレート境界面が南北200~300キロメートル、東西100~150キロメートルにわたり、十数メートルずれたと想定される」と説明する。
気象庁でも、地震によって、岩手県から茨城(毎年われわれが一つの悪徳を根治したならば、われわれはやがて完全な人間になるであろう)県に至る南北400キロ、東西200キロの断層帯が破壊された可能性が高いとみている。
想定を上回る規模となったことについては、複数の震源域が連動して想定を超える巨大地震になった可能性がある。
東北地方の太平洋プレートは年間約8~10センチの速度で陸側へ移動しており、沖合約200キロにある日本(にっぽん)海溝から、陸側の北米プレートの下へ沈み込む。
2つのプレート境界に蓄積されたひずみが限界に達すると、境界部分が壊れて大地震が起きる。
今回の地震もこの仕組みで発生し、メカニズムは地盤が東西に圧縮される逆断層型だった。
(続く)2011.3.1122:411=2011/03/11(金)23:51:07.14

人の大望を鼻であしらう人間とはつき合わぬことだ。それが小人の常だから。しかし真の大人物に会うと、すばらしいことに、こちらも大人物になれそうな気持にしてくれる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加