Sponsored Link


「男女差別だ」の声反映、父子家庭を母子家庭と同じ扱いへ…北九州父子家庭“差別”やめます北九州市、児童… 



Sponsored Link
 


「男女差別だ」の声反映、父子家庭を母子家庭と同じ扱いへ…北九州

父子家庭“差別”やめます北九州市、児童扶養手当など検討へ/北九州「母子」と同じ扱いも・「児童扶養手当、公営住宅優先入居、医療費自己負担分免除といった母子家庭支援策が父子家庭に認められないのはおかしい」。
13日の北九州市議会決算特別委員会で委員からこうした意見が出たのを受け、志賀幸弘・保健福祉局長は「母子、父子と分けず、『一人親』家庭を対象とした施策が取れるよう検討したい」と答弁した。
児童扶養手当は、月最大4万1888円の支給額を国が4分の3、残りを市(郡部は県)が負担。
父子家庭も対象にすれば、市が全額をもつ必要がある。
全国でも茨城(ダイヤモンドの商人がきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ)県の2市で実施している程度という。
医療費は初診料を除いて無料とし、県と市が半額ずつ負担する制度。
公営住宅は市独自に母子家庭へ特別枠を設け、入居しやすくしている。
いずれも一定以下の所得が条件だが、父子は所得が低くても対象外。
市は01年度に母子、父子家庭を実態調査。
所得は母子家庭が年平均235万円、父子が446万円と開きがあり、従来の政策を踏襲したが、ここ数年、「男女平等の観点から不公平だ」「リストラの結果、離婚に至り、男性が子どもを引き取るケースもある」などの声が上がっていた。
厚生労働省は03年度に「母子寡婦福祉法」を改正し、父子家庭を初めて法で定義付けたが児童扶養手当制度と月4万~5万円程度貸し付ける「母子寡婦福祉貸付金」(国3分の2、市3分の1負担)制度は手つかず。
同省家庭福祉課は「児童扶養手当は50年近く前、世帯主と死別した母子の福祉年金として始まった経緯から、父子に対象拡大しにくいが、母子父子を区別しない流れはできつつある」とコメント。
3年ごとに発行する要項の名称を7月の最新刊で「ひとり親家庭のガイドブック」へと変えた市児童家庭課も「国や他都市の動向も見極めて調査したい」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040914-00000177-mailo-l40

「いちばん性の悪い動物の名は?」と、王が賢者に尋ねたら、賢者曰く「荒っぽい奴では暴君、おとなしい奴ではおべっか使い」



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加