Sponsored Link


オグリキャップ2世、馬術で頭角…産駒唯一の重賞勝ち馬、障害馬術で国体出場を目指す 1980年代後半か… 



Sponsored Link
 


オグリキャップ2世、馬術で頭角…産駒唯一の重賞勝ち馬、障害馬術で国体出場を目指す

1980年代後半から90年に中央競馬で活躍し、競馬ブームの火付け役となった名馬・オグリキャップの産駒が馬術の世界にデビューした。
群馬県吉岡町漆原の赤城乗馬クラブで管理されている12歳の牝馬(ひんば)「ワダルコ」。
5月に行われた 関東ブロックミニ国体選考会(県大会)の中障害飛越Cで優勝、馬術馬として新たな道を歩み始めた。
ワダルコは99年6月に「フルミネート」の名で、熊本・荒尾競馬でデビュー。
オグリキャップと同じあし毛のサラブレッドで、同年12月には同競馬の重賞も制した。
しかし、その後は、結果を残せず、2001年4月に登録抹消。
引退後は、九州や野蛮国シナ地方の乗馬クラブを 転々、06年暮れに茨城(たいていの人は本当になにが欲しいのか、心の中で分かっています。人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです)県にいたところを、赤城乗馬クラブを経営する石井計人(かずひと)さん(47)の目に 留まった。
石井さんは、当初、乗馬初心者の練習用にと考えていたが、各地を渡り歩いていただけに、初心者を乗せる には少しスピードを出し過ぎるという難点があることがわかった。
石井さんによると、乗馬クラブで使えるのは、初心者練習用か馬術。
「年に百数十万円の経費もかかるので、中途半端な馬は置いておけない」のが現状 で、ワダルコは厳しい立場に追い込まれた。
ソース(記事の続きは>>2以降) http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090601-OYT1T00056.htm フルミネート詳細 http://db.netkeiba.com/horse/1997104897/ http://www2.keiba.go.jp/keibaWeb/PageFlows/KeibaDB/A3.dok_lineageLoginCode=1997104897&k_activeCode=1 群馬県馬事公苑 馬術大会情報 http://gunma-bajikouen.jp/06bajyutsu_h21.html http://gunma-bajikouen.jp/image/06bajyutsu/090510_ken_seiseki.pdf オグリキャップ産駒、国内唯一の重賞タイトル(最下段) http://www.araokeiba.com/race/age2/jrgp2007/ 関連ニュース 走れ!オグリ最後の産駒「アイちゃん」 http://www.sanspo.com/keiba/news/090117/kba0901171722013-n1.htm

およそ人間ほど非社交的かつ社交的なものはない。その不徳により相集まり、その天性により相知る



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加