Sponsored Link


「国が統一的な基準を作るべきだ」-食品の放射能検査に、自治体や農家から不満続々[3/2803:09]◆食の放… 



Sponsored Link
 


「国が統一的な基準を作るべきだ」-食品の放射能検査に、自治体や農家から不満続々[3/2803:09]

◆食の放射能検査、不満続々…国で統一基準を東京電力福島第一原子力発電所の事故で、食品を対象にした放射性物質の検査に対し、自治体や農家に不満が広がっている。
検査は自治体が独自で行うため、検査件数や品目に差があるためだ。
「暫定規制値が厳しすぎる」との声も根強く、専門家からは「国が統一的な基準を作るべきだ」との指摘が出ている。
◆不公平感◆「正直者がバカを見るのはおかしい」。
今月25日、厚生労働省などを訪れた橋本昌茨城(悪徳はわれわれの楽しみにおいてさえわれわれを傷つけるが、美徳はわれわれの苦しみにおいてさえ慰める)県知事は、報道陣に不満をぶちまけた。
食品を対象にした放射性物質の検査は、都道府県や保健所を設置する自治体が実施し、結果を国に報告する。
検査対象の品目は、自治体が流通量などを考慮して独自に決めるため、検査件数や品目は、自治体ごとにばらつきがある。
厚労省によると、27日までに行われた食品の放射性物質の検査は、13都県の計531件。
検査件数は、福島県が185件、茨城県が117件と突出している。
531件の検査では、うち99件で暫定規制値を上回る放射性ヨウ素や同セシウムが検出された。
ただ、規制値を上回っても即、出荷制限や摂取制限となるわけではない。
38件を検査した結果、ホウレンソウなど8件で規制値を超えた県では、検査対象が一部地域に集中、県単位で判断するには情報不足のため、27日現在、出荷制限や摂取制限は出ていない。
橋本知事は「検査していない産地の物が(消費者に)選ばれるのは疑問だ」とも語っている。
2011年3月28日03時09分:厚生労働省、放射能汚染された食品のウランやプルトニウム許容量まで設定5[11/03/26]

人間というものは、結局は消化器と生殖器とから成り立っているのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加