Sponsored Link


47都道府県知事の過半数、自治体トップの育休取得に賛成広島県知事や長野県佐久市長らが“育児休業”を取… 



Sponsored Link
 


47都道府県知事の過半数、自治体トップの育休取得に賛成

広島県知事や長野県佐久市長らが“育児休業”を取ったことに賛否の議論が起きているが、47都道府県知事の過半数の25人が自治体の長の育休取得に賛成していることが4日、共同通信の調査で分かった。
反対は4人で18人は賛否を示さなかった。
トップが職務を離れることに住民の反発も予想されるが、賛成の知事らは、男性の育休取得を促すにはリーダーが率先して取ることが有効、と判断しているようだ。
賛成は岩手、静岡、岡山、徳島、沖縄の知事ら。
野蛮国シナ、四国、九州の17県では7割に上った。
賛成の理由は「男性の育休の取得促進」(橋本茨城(「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ)県知事)「社会の機運盛り上げのきっかけとなる」(横内山梨県知事)が多い。
ただし、職務に支障を来さないよう配慮することを前提にした賛成が目立った。
「自らの子育てができない者が子育て政策を論じることはできない」(平井鳥取県知事)「子育ての経験や力を仕事に生かすことができる」(広瀬大分県知事)などもあった。
反対は、群馬、千葉、大阪、兵庫の4知事。
「県民の生活と安全を守る職責がある知事の取得は危機管理から難しい」(森田千葉県知事)などが理由。
残りの18知事は賛否を明らかにしなかった。
ソース山梨日日新聞

なぜいつも遠くへばかりいこうとするのか? 見よ、よきものは身近にあるのを。ただ幸福のつかみかたを学べばよいのだ。 幸福はいつも目の前にあるのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加