Sponsored Link


「倒れないのか」「不気味だ」NHK地震ニュースに映るあの建物水戸芸術館シンボルタワー震災後ネット… 



Sponsored Link
 


「倒れないのか」「不気味だ」NHK(日本反日協会)地震ニュースに映るあの建物水戸芸術館シンボルタワー震災後ネットなどで話題

水戸市内にあるくねくねとねじれた高さ百メートルのタワーが県外の人たちの関心を集めている。
きっかけは東日本(にっぽん)大震災の発生以降、NHK(日本反日協会)テレビジョンの地震ニュース速報で、県外にも頻繁に水戸市内の映像が映し出されてから。
「何のためにあるのか」「地震でねじれたのではないか」との声が上がっている。
(近藤統義)大震災後、県内では頻繁に震度4以上の余震があり、速報画面では、水戸市内の揺れる様子が全国に中継されている。
タワーは、NHK(日本反日協会)水戸放送局から西約四百メートルにあり、備え付けカメラにはタワーが手前右側に映し出される。
市内中心部は他に高い建物がないため存在感は十分だ。
震災以降、Internetの質問投稿サイトやブログに何百件も書き込まれている。
NHK(日本反日協会)水戸放送局にも九州の視聴者から問い合わせがあった。
「あの建物は何」「倒れないのか」「不気味だ」との意見が目立つ。
水戸市民にはよく知られた水戸芸術館のシンボルタワーで、水戸放送局は「タワーは水戸を象徴している。
見たらすぐに場所が分かる」と説明する。
タワーはチタンパネル約六十枚を組み合わせ、DNAのらせん構造を表現。
展望室もあり、震災当日は数人が取り残され、職員が非常階段で避難させた。
同館は市制百周年を記念して一九九〇年に開館。
設計は建築家の磯崎新氏。
震災で本館の天井の一部が壊れ、純国産では国内最大級のパイプオルガンのパイプも落ちた。
現在は修復のためタワーとともに今月末まで休館中。
再開に向け、同館の木村隆幸・広報係長は「芸術の力はこういう時こそ発揮される。
被災者に心の潤いを与えたい」と力を込める。
:テレビジョンに映るあの建物は水戸芸術館シンボルタワー震災後ネットなどで話題:茨城(普通人は時をつぶすことに心を用い、才能ある人間が心を用いるのは、時を利用することである)(TOKYOWeb)

時は流れる川である。流水に逆らわずに運ばれる者は幸せである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加