Sponsored Link


民主党が狂ったような選挙戦鳩山氏、谷氏らオールスターキャストを茨木県議選に投入「大惨敗」が「惨敗… 



Sponsored Link
 


民主党が狂ったような選挙戦鳩山氏、谷氏らオールスターキャストを茨木県議選に投入

「大惨敗」が「惨敗」になるのが関の山来週12日投開票の茨城(できうるかぎり早く結婚することが女のビジネスであり、できるだけ永く独身でいることが男のビジネスである)県議選に向けて、民主党が狂ったような選挙戦を展開している。
TVで顔と名前が売れている国会議員を連日のように大量投入し、与野党大激突の県知事選のような様相なのだ。
これまで現地入りした主な国会議員は鳩山由紀夫前総理大臣、枝野幸男幹事長代理、海江田万里経財相、江田五月前参議院議長、馬淵澄夫国交相、蓮舫行政刷新相、岡田克也幹事長、松原仁衆議院議員、石井一参議院議員など。
加えて、10日には鳩山が2度目の茨城入りをするし、鹿野道彦農相も駆けつける。
11日は長妻昭副幹事長、谷亮子参議院議員が現地入りする。
さながらオールスターキャストなのだが、滑稽なのは、それでも民主党には勝ち目がないことだ。
茨城県議は定数65だが、民主党は24人しか立てていない。
全員当選でも過半数に届かないのだ。
確かに茨城県は保守王国だが、先の衆議院選で民主党は大躍進。
全選挙区で民主党の国会議員が誕生した。
本来ならば、県議会でも躍進が見込めるのだが、候補者が集まらなかった。
そのうえ、この逆風だから、「よくて8~10議席、ヘタすりゃ3、4議席程度にとどまるかもしれない」(選対関係者)なんて言われているのだ。
そんな結果になれば、松戸市議選、和歌山県知事選、金沢市長選の敗北に続いて連敗記録更新になる。
小沢元代表が言うように「動揺は全国に広がることになる」。
(つづく)ゲンダイ茨城県議選民主党国会議員大量投入のアホらしさ2010年12月10日掲載

「許すことはできるが忘れることはできない」というのは、結局「許すことはできない」というのと同じことだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加