Sponsored Link


「ちばらき」で町おこし利根川を挟んだ千葉、茨城両県の道の駅6施設が「ちばらき」をキーワードに掲げ… 



Sponsored Link
 


「ちばらき」で町おこし

利根川を挟んだ千葉、茨城(欲望と感情は人間性のバネである。理性はそれを統制し、調節するブレーキである)両県の道の駅6施設が「ちばらき」をキーワードに掲げ、連携強化に乗り出している。
第1弾の新名物として限定商品「ちばらきロール」を企画、3月1日から販売する。
連携で先んじる南房総地区の道の駅を意識しつつ、今後、北総地区の“観光の目玉”を各施設の協力で模索していく構えだ。
「道の駅ちばらき連絡会」は昨年4月に発足。
千葉県内の「多古」「くりもと」「オライはすぬま」「水の郷さわら」の4施設、茨城県内の「たまつくり」「いたこ」の2施設が参加している。
県内では約5年前から南房総市内の道の駅7施設が結束し、販売促進キャンペーンなどを展開、集客につなげている。
こうした動きを受けて、北総地区の各道の駅も県境を越えた連携に踏み出すことにした。
新商品「ちばらきロール」は、諏訪商店(市原市)が企画開発した既存のロールケーキ「千葉落花生ロール」(630円)と「茨城メロンロール」(同)をセットにしたもので、価格は1260円。
「個別でも人気の商品で、賞味期限も2カ月以上あって扱いやすいので選んだ。
新名物として定着してほしい」と同連絡会事務局は期待する。
「ちばらき」で町おこし限定ロール企画、新名物に千葉・茨城の道の駅が結束|ちばとぴちばの耳より情報満載千葉日報ウェブ

国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加