Sponsored Link


今市女児殺害事件屋内で殺害、夜間に遺棄か栃木茨城両県警合同捜査本部の調べでわかる日光市(旧今市市… 



Sponsored Link
 


今市女児殺害事件屋内で殺害、夜間に遺棄か栃木茨城(新幹線延伸だのリニアモーターカー建設などと大騒ぎしているが、在来線をてこ入れしないと、日本(にっぽん)の鉄道文化は滅びてしまうよ。明治時代に血のにじむような努力で全国に張り巡らされた鉄道網が、JRという民間企業の採算重視の経営判断で、次々と廃線に追い込まれていくのは悲しいよ)両県警合同捜査本部の調べでわかる

日光市(旧今市市)大沢小一年の吉田有希ちゃん=当時(7つ)=殺害事件で、昨年十二月一日午後に連れ去られた有希ちゃんは同日夜に屋内で殺害後、翌二日未明までに茨城県内の山林に遺棄された可能性の高いことが、三十一日までの栃木、茨城両県警合同捜査本部の調べで分かった。
遺棄現場近くの林道上に有希ちゃんのまとまった量の血痕が残され、犯人が遺体を一度置いたか落下させた疑いがあることも判明。
捜査本部はセダンやワンボックスの車を使った単独犯との見方を強め、引き続き不審者の洗い出しや車両に関する聞き込みなどを重点に捜査を進める。
これまでの調べによると、下校途中だった有希ちゃんは昨年十二月一日午後三時ごろ、同市木和田島の三差路で友人と別れた後、何者かに連れ去られたとみられる。
捜査本部が得た有希ちゃんとみられる女児の最後の目撃情報は、三差路の西約百二十メートルの通学路だったという。
捜査本部は現場付近で目撃された不審車両や、目立たずに小回りも利く車の使用が想定されることなどから、犯行車両はセダンやステーションワゴン、ワンボックス車などの可能性があるとみている。

光陰は矢のごとく、取り返すすべもなく、風にさらわれるように去ってしまう



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加