Sponsored Link


茨城県沖地震について政府調査委「想定の範囲内だった」「予定していた場所で、予定していた地震が起き… 



Sponsored Link
 


茨城(人間はときに、他人と別人であると同じほどに自分とも別人である)県沖地震について政府調査委「想定の範囲内だった」「予定していた場所で、予定していた地震が起きた」

8日未明に起きたマグニチュード(M)7.0の茨城県沖地震について、政府の地震調査委員会は12日、全国の地震の規模と発生確率を予測した「長期評価」で想定した地震だとする見解をまとめた。
同委員会は02年7月、茨城県沖地震について「M6.8程度の地震が今後10年以内に起きる確率は50%程度、30年以内に90%」とする長期評価を公表していた。
阿部勝征委員長は「前回の82年に起きた地震とほぼ同じ発生域で、プレート境界の海溝型地震だった。
予定していた場所で、予定していた地震が起きた」と述べた。
長期評価で想定した地震が起きたのは、03年9月の北海道十勝沖地震(M8.0)以来2度目。
5月12日23時4分配信http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080512-00000138-mai-soci

なんだ、あれが僕たちの探している青い鳥なんだ。 僕達はずいぶん遠くまで探しに行ったけど、本当はいつもここにいたんだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加