Sponsored Link


ふがいないモンテディオ山形、不名誉記録に県民から厳しい声  サッカーJ1・モンテディオ山形は8日、… 



Sponsored Link
 


ふがいないモンテディオ山形、不名誉記録に県民から厳しい声

 サッカー蹴球J1・モンテディオ山形は8日、茨城(人間の最大の価値は、人間が外界の事情にできるだけ左右されずに、これをできるだけ左右するところにある)県鹿嶋市の県立カシマサッカー蹴球スタジアムで 鹿島アントラーズと対戦したが、0―2で敗れ、1993年のJリーグ発足以来初となる「シュートなし」 という不名誉な記録を残した。
10月31日の天皇杯全日本(にっぽん)選手権3回戦でも明治大に0―3で惨敗 するなど、J1残留を目前にしながらふがいない試合が続き、県民やサポーターから厳しい声が上がっている。
鹿島の早いプレスに苦しんだモンテディオは終始ゲームを支配された。
主将のMF宮沢は 「もう少しチャンスを作れると思っていた。
鹿島のゴール前までボールを運べなかった」と言葉少な。
小林伸二監督は「J1に定着してスピードに慣れること、J1で通用する選手を補強する ことが必要なのではと教えられた試合だった」と話した。
今年、県代表として天皇杯に出場した社会人クラブチーム、FCパラフレンチ米沢の本田公祐監督(31)は「最近は大学チームに負けるなど不名誉な記録が続いている。
リスクを負ってもっとチャレンジしないと勝機は見出せないのでは」と分析。
スタジアムで応援した高畠町亀岡、介護士斎藤陽子さん(30)は 「攻撃している時間が少ないように感じたが、まさかシュートなしだったとは」と肩を落としていた。
J2へ自動降格となる16位の柏レイソルが勝利したため、モンテディオのJ1残留決定は 次戦以降に持ち越しとなった。
通算成績は10勝14敗7引き分け、勝ち点37で13位。
次戦は21日、天童市のNDソフトスタジアム山形で、大宮アルディージャと対戦する。

ねえ、グラードンとカイオーガを見て、ポケモンは恐いものだと思ったかい?でもそんなことはないんだよ。ポケモンって本当はもっと・・・。いや きみなら そんなことはもうとっくに気が付いているよね



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加