Sponsored Link


茨城県栽培漁業センター、液状化で通水管損壊アワビ100万個全滅で復旧めど立たず東日本大震災の被害… 



Sponsored Link
 


茨城(男たちは、自分の職業が他のいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思い込ませる以外に、その職業を持ちこたえることはまずできない)県栽培漁業センター、液状化で通水管損壊アワビ100万個全滅で復旧めど立たず

東日本(にっぽん)大震災の被害で、県栽培漁業センター(鹿嶋市平井)で管理していた放流用のアワビ100万個などがすべて死滅したことが3日までに、分かった。
地震による液状化で、敷地内の飼育水槽に海水を送る通水管が損壊したことが原因。
復旧のめどは立っておらず、種苗を育成、放流する本県の栽培漁業に大きな影響が出るのは避けられない状況だ。
県栽培漁業協会や県水産振興課によると、死滅したのは今年と来年分の放流用アワビ100万個、スズキ30万匹で、被害総額は5千万円に上る。
通常育成しているヒラメ、アユ、ハマグリは既に放流を終えたため被害はなかった。
同センターは鹿島港近くの埋め立て地に立地。
地震による液状化で地盤の陥没や隆起が多数発生し、地中の通水管や配水管が損壊して水槽に海水や空気を送ることができなくなった。
このため、育成中のアワビなどは、震災後間もなく死滅したとみられる。
同センターのアワビは2~3年かけて平均35ミリまで育てた後、年間30万個を大洗海岸から北側に放流する計画。
約7年で11センチを超える漁獲サイズに成長する。
2009年の県内漁獲量は約21トン。
7、8割は放流したものとみられ、同協会は「これから7~10年後の資源が薄くなってしまう」と危(き)惧(ぐ)する。
県は、アワビは漁場が近く、安定収入が見込めるとして、船引き網漁業と組み合わせた経営に期待。
2010年度からは、アワビの藻場造成計画も進めている。
同課は「センターの被害状況をよく調査した上、今後について検討したい」としているが、復旧の計画や見通しは立っていないという。
(後略)

国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加