Sponsored Link


「小沢氏は常軌を逸している」茨城県連推す弁護士の伊藤氏公認漏れ濃厚2人目、党本部としこりも今夏の… 



Sponsored Link
 


「小沢氏は常軌を逸している」茨城(徳は一種の健康であり、美であり、魂のよい在り方なり。それに反し、悪徳は病気であり、魂であり、弱さなり)県連推す弁護士の伊藤氏公認漏れ濃厚2人目、党本部としこりも

今夏の参議院選をめぐり、民主党の小沢一郎幹事長が茨城選挙区でも党本部主導の新たな候補者を擁立する姿勢を示したことで、党県連が推す弁護士の伊藤博氏(65)の公認漏れが濃厚となった。
県連は引き続き党本部に働きかける構えだが、小沢氏は4月2日までに公認候補を決定する考えで、党本部と県連の間にしこりが残る可能性が出てきた。
「改選数2以上の選挙区では複数候補の擁立」との小沢氏の方針を受け、県連は1月下旬、伊藤氏の擁立を決めた。
票の分散を避けたい支持組織、連合茨城を説得したうえでの対応だった。
しかし、小沢氏は伊藤氏擁立に難色を示したとされ、伊藤氏は今月3日の1次公認の名簿からは漏れた。
県連内には「最終的には公認される」との楽観論がある一方、公認漏れへの対応を探る動きも出ていた。
茨城選挙区で公認されているのは郡司彰副農相(60)。
党本部が主導する新たな候補擁立の動きに対し、県連内では「小沢氏は常軌を逸している」(幹部)と伊藤氏公認を絶望視する見方が強まっている。
小沢氏が強引な手法を取れば、選挙戦に影響を与えることになりそうだ。
 http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20100331ddlk08010234000c.html

ただ、いっさいは過ぎていきます。自分がいままで阿鼻叫喚で生きて来たいはゆる人間の世界において、たつた一つ、真理らしく思はれたのは、それだけでした



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加