Sponsored Link


オセロの発祥は水戸市!10月には世界選手権も開催…茨城縦横六十四のマスで相手の石を挟み、白黒をひっく… 



Sponsored Link
 


オセロの発祥は水戸市!10月には世界選手権も開催…茨城(「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ)

縦横六十四のマスで相手の石を挟み、白黒をひっくり返すオセロゲーム。
しかし、誰もが親しんだことのあるこのゲームの発祥地が水戸市だということは意外に知られていない。
「ヨーロッパの国のゲームと思っている人も多い。
実際、私が知ったのも三年前。
この地から誕生したゲームだということをもっとアピールしたい」。
水戸オセロプロジェクトいばらき推進委員会事務局長の三上靖彦さんはこう語る。
オセロは、旧制水戸中学(現水戸一高)に通っていた長谷川五郎さんの発案で生まれた。
一九七〇年代前半には玩具メーカーから全国発売され、日本(にっぽん)中に空前のオセロブームを巻き起こした。
「覚えるのに五分。
極めるのに一生かかる」と言われるように、表と裏が頻繁に入れ替わるため、名人でも五手先まで読めない頭脳ゲームと言われる。
オセロ人口は世界三十カ国、六億人以上とされる。
本職は都市計画コンサルタント会社の経営者。
市や県の若手職員らと街づくりの勉強会を開き、水戸の魅力について語り合ううち、オセロ発祥の地が話題になった。
「オセロで水戸が生まれ変わることができるかもしれない。
自分たちでやってみるか」二〇〇四年五月に日本(にっぽん)オセロ連盟東関東ブロック水戸支部(現茨城ブロック)を設立。
水戸支部の働きかけが功を奏し、今年十月五日から八日まで、第三十回世界オセロ選手権大会が水戸市で開かれることが決まった。
これまで大会が東京で開かれたことはあるが、水戸では今回が初めて。
世界約三十カ国から百人が参加する。
(以下略:全文は

旧道徳は危険を回避することを命じた、だが新道徳は、危険をおかさないものは、なにものをもえない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加