Sponsored Link


「ぼったくりしません」ローマの観光業界、認証制導入へローマ市内のレストランやタクシーなど観光関係… 



Sponsored Link
 


「ぼったくりしません」ローマの観光業界、認証制導入へ

ローマ市内のレストランやタクシーなど観光関係の業者で組織する団体「イタリア公共サービス業連盟」は、「ぼったくり」をしないと誓約した業者に対する認証制度を導入することを決めた。
認定を受けるとステッカーが発行され、店やタクシーに張って安全性をアピールすることができる。
イタリアでは、日本(にっぽん)人観光客が有名レストランで「ぼったくり」の被害に遭った事件をきっかけに、法外な料金を請求する悪質な業者の存在が社会問題となっている。
対象はレストランやバール、ホテル経営者、タクシー運転手など観光業に携わる業者。
「客に対し誠実に対応し、道徳的な行動をとる。
不当な料金は請求しない」という内容の誓約書に署名すると、同連盟からステッカーが発行される仕組み。
業界団体が優良業者のお墨付きを与えることで、信頼回復につなげたい考えだ。
またローマ市も同連盟などと協力し、悪質な業者を追放するための監視団体をつくり、定期的に調査する。
さらにイタリア語や英語のできない日本(にっぽん)人観光客のために、ぼったくりや犯罪の被害に遭った際に日本(にっぽん)語で相談できる専用電話を10月から設ける。
フィウミチーノ空港にも日本(にっぽん)語で対応するインフォメーションカウンターをつくる。
イタリアには年間約4300万人(07年)の観光客が訪れるが、日本(にっぽん)人観光客の数は97年の約217万人をピークに減り続け、09年は100万人前後まで減ると予想されている。
そのため観光立国として、日本(にっぽん)から再び観光客を呼び込むための対策が急務になっている。
ローマ市のマウロ・クトルフォ副市長は7日、の取材に応じ、「安心して旅行を楽しんでもらえるよう観光客を保護することが最も重要だ。
そのためには何でもする」と語った。
クトルフォ氏は9月に訪日し、ぼったくりの被害に遭った茨城(私達は踏みなれた生活の軌道から放り出されると、 もうダメだ、と思います。 しかし、実際はそこに、ようやく新しい良いものが始まるのです)県つくば市の会社社長らに直接会って謝罪するという。

結婚する前、 男はあなたの言った言葉を夜中にあれこれと考えて一晩眠れずに過ごすが、 結婚した後は、あなたの話がまだ終わらないうちに眠ってしまうものなんです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加