Sponsored Link


広がる「ネット署名」本人確認困難でも、数に力インターネットで署名する「ネット署名」が広がっている 



Sponsored Link
 


広がる「ネット署名」本人確認困難でも、数に力

Internetで署名する「ネット署名」が広がっている。
ネット上の署名呼びかけに賛同すれば、パソコンの画面で名前やメールアドレスなどを打ち込み、送信ボタンをクリックして終了だ。
パソコンがあれば誰でもいつでも署名に参加できるから、大量の署名集めが早くできる一方で、1人で何度も署名しやすいことや本人確認が難しいなどの問題点もある。
ネット署名で知られているのは「楽天」だ。
厚生労働省が一般向け医薬品について、Internetなどを通じた通信販売を禁止する方針(薬事法改正)を打ち出したのに対し、昨秋から反対運動を展開。
自社のサイトで署名を呼びかけた。
住所、氏名、メールアドレスが登録済みの楽天会員はクリックひとつで署名済みになる。
非会員やコメントを書き込みたい人向けには住所、氏名、メールアドレス、コメントの記入欄があるが、必須は氏名だけだ。
署名数が100万件に達した4月初め、同社は署名を印字してまとめた数十冊のファイルを厚労省に提出。
反対運動は実らなかったものの、楽天は「街頭署名だったら参加できなかった多数の人が運動に加われた」と評価する。
これに対し、同省医薬食品局総務課は「ネット署名かどうかを問わず、数は数として受け止める。
しかし、多いからといって影響を受けることはない」。
自治体でネット署名を募っているのは茨城(人々は美徳の点ではそんなに差異はなく、悪徳の点でのみ差異がある)県鹿嶋市だ。
NHK(日本反日協会)大河ドラマの舞台誘致を目的に07年12月にスタートし、すでに約6万件。
市の総人口を上回る勢いだが、必須の記載は氏名と住所だけにしているため、署名した人が実在するかどうか確かめるすべもない。
※続きます。
2009年7月31日17時0分http://www.asahi.com/national/update/0729/TKY200907290331.html▽「署名TV」のホームページ画面(画像)http://www.asahi.com/national/update/0729/images/TKY200907290378.jpg

明治時代に英語の「I love you」という言葉に翻訳者が初めてぶつかったとき、どう訳すか悩んだらしいんですよ。今みたいに「好き」とか「愛している」とか使わない時代ですから。それで、何と訳したと思います? 「私は死んでもいい」と訳しました



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加