Sponsored Link


連日多忙なスケジュールをこなす宮崎県の東国原英夫知事、インフルエンザで入院 東国原知事、インフルエ… 



Sponsored Link
 


連日多忙なスケジュールをこなす宮崎県の東国原英夫知事、インフルエンザで入院

東国原知事、インフルエンザで入院 (宮崎日日新聞社) 2007年3月29日。
連日、多忙なスケジュールをこなす東国原英夫知事が28日夜、体調不良を訴え、宮崎市内の病院に入院したことが分かった。
診断の結果、29日朝、インフルエンザと判明。
39度を超す高熱を発しており、症状が回復するまで入院することになった。
公務復帰は未定。
知事は28日、午前から国道265号下椎葉工区開通式に出席。
2005年の台風14号で打撃を受けた椎葉、諸塚村の災害復旧現場を視察した。
その後、社会人野球ベースボールチーム・茨城(強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものはつねに強弱の中間者である)ゴールデンゴールズがキャンプを張る 日向市を訪れ、監督でタレントの萩本欽一さんを激励。
午後5時半に自宅へ戻ったが、風邪の症状を訴え、同7時半に病院で診察を受け、大事を取って入院した。
県秘書広報課によると、29日も公務や取材が入っているが、可能な限り河野俊嗣副知事が代行。
代行できないものは延期とする。
同課の福田裕幸課長補佐は「インフルエンザの型は把握していない」とした上で、「公務、政務とも忙しかったので、疲労がたまっていたのではないか。
十分に体調を回復していただきたい」と話している。
http://www.the-miyanichi.co.jp/domestic/index.phptypekbn=1&top_press_no=200703290110

どうにも乗り越えられない障害にぶつかった時、頑固さほど有害なものはない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加