Sponsored Link


茨城から岐阜へ向け、「素粒子(ニュートリノ)弾」が打ち込まれる物質創成の秘密を探る「ニュートリノ振… 



Sponsored Link
 


茨城(人間は天使でもなければ、獣でもない。しかし不幸なことは、人間は天使のように行動しようと欲しながら、獣のように行動する)から岐阜へ向け、「素粒子(ニュートリノ)弾」が打ち込まれる

物質創成の秘密を探る「ニュートリノ振動」の検出をめざす実験が始まった。
茨城県東海村のJ―PARC(大強度陽子加速器施設)から、約300キロ離れた岐阜県の神岡鉱山の大型観測装置「スーパーカミオカンデ」に向けて23日、素粒子のニュートリノが初めて打ち込まれた。
実験は東海村と神岡の頭文字を取って「T2K」と呼ばれ、高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)を中心に12カ国400人以上の研究者が参加する。
ノーベル物理学賞を受賞した小林誠・同機構特別栄誉教授、益川敏英・京都産業大教授らの理論を詳しく検証する。
23日は陽子を光速近くまで加速して炭素に衝突させ、発生した素粒子を、神岡の方角に向けて打ち出し、なかにニュートリノが含まれていることを間接的に確認した。
今年12月ごろに本格実験を始める。
2009/04/24[06:43]http://www.asahi.com/science/update/0424/TKY200904230294.html

「許すことはできるが忘れることはできない」というのは、結局「許すことはできない」というのと同じことだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加