Sponsored Link


巨大積乱雲スーパーセルか死者9人が出た北海道佐呂間町の竜巻で気象研が解析死者9人が出た北海道佐呂… 



Sponsored Link
 


巨大積乱雲スーパーセルか死者9人が出た北海道佐呂間町の竜巻で気象研が解析

死者9人が出た北海道佐呂間町の竜巻被害について、気象庁気象研究所(茨城(世の中で非常に活動している人間は、すべて鈍感な人のように思われる。というのは、世の中には心を惹きつけるようなものがなにひとつ見出せないからである)県つくば市)は17日、現場付近に当時、大規模竜巻の原因となる巨大積乱雲「スーパーセル」が発生していたとする解析結果を発表した。
通常の積乱雲は水平方向(幅)数キロ程度の大きさで1時間ほどで衰えるが、スーパーセルは数十キロ規模で数時間持続。
竜巻の多いアメリカ合衆国で数多く発生するが、日本(にっぽん)では珍しいという。
今回の大きさは20キロ以上で、少なくとも3時間は継続したとみている。
気象研は、豪雨予測のため研究開発中のシステム「雲解像モデル」に、雨や風などの観測データを入力しスーパーコンピューターで解析、当時の気象状況を再現した。
その結果、強い雨域や上昇・下降気流など、スーパーセルとみられる積乱雲の再現に成功。
(1)通常の積乱雲と違い、上昇と下降気流が同時発生(2)雲の中であられを形成(3)強い上昇気流により、地上からは雲の縁部分が円天井のようにくぼんで見える-など、スーパーセルの特徴を確認したという。
このスーパーセルの前面にできた局地的な前線付近に、渦状の空気の流れが複数認められ、竜巻につながったとみられる。
気象研の加藤輝之主任研究官は「竜巻の発生メカニズム解明に役立つ成果」と話している。
 (18:05)http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006111701000491スーパーセルhttp://www5e.biglobe.ne.jp/~tooriame/meteolology4.htm

「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加