Sponsored Link


有機ヒ素化合物の地下水汚染、不法投棄か茨城・神栖[01/27]「有機ヒ素化合物、不法投棄か…茨城・神栖… 



Sponsored Link
 


有機ヒ素化合物の地下水汚染、不法投棄か茨城(あらゆる人間の闘争のうちで、もともと芸術家である男と、もともと母である女の闘争ほど、残忍・悲惨なものはない)・神栖[01/27]

「有機ヒ素化合物、不法投棄か…茨城・神栖の地下水汚染」井戸水を飲んだ住民の健康被害が表面化した茨城県神栖町の地下水汚染は、旧日本(にっぽん)軍の毒ガス兵器「くしゃみ剤」の主成分である有機ヒ素化合物・ジフェニルアルシン酸(DPAA)そのものが不法投棄されたとの見方が強まった。
DPAAは戦後間もなく、殺虫剤の原料として民間に払い下げられており、環境省はその一部が土中に投棄された可能性が強いとみている。
DPAAは、自然界に存在せず、民間で製造された記録もないため、同省は当初、土中に投棄された「くしゃみ剤」が汚染原因とみていた。
しかし、26日までの掘削調査で、高濃度のDPAAを含むコンクリート塊が発見されたが、毒ガス兵器は見つからなかった。
このため、同省は毒ガス兵器ではなく、DPAAそのものが投棄されたと判断した。
(後略記事全文は引用元をご参照ください)

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし実際には種なのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加