Sponsored Link


「宮崎産ではないよね」尋ねてくる客口蹄疫風評被害を懸念飲食店ピリピリ宮崎県での家畜の伝染病「口蹄… 



Sponsored Link
 


「宮崎産ではないよね」尋ねてくる客口蹄疫風評被害を懸念飲食店ピリピリ

宮崎県での家畜の伝染病「口蹄疫(こう・てい・えき)」の広がりに、県内の焼き肉店やレストランがピリピリしている。
感染がさらに拡大すれば、肉全体への不信が高まり、消費者の買い控えにつながりかねないからだ。
県などは、感染した肉は市場に出回らないことなど、消費者が安心できる正しい情報を伝えることに腐心している。
(栗田有宏、津布楽洋一)水戸市内で30年、ステーキなど常陸牛を中心とした肉料理を扱う「レストランイイジマ」は、口蹄疫の感染が発覚した後、宮崎県産を含む九州産の牛肉は取り扱っていない。
ただ、全国各地の「和牛」を使った比較的低価格のメニューに、「宮崎産ではないよね」「できれば宮崎産は食べたくない」と尋ねてくる客もいたという。
幹部は「まだ風評被害というほどではないが、消費者は食の安全、安心には非常に敏感になっている。
感染がもっと広がれば宮崎牛だけでなく、牛肉全体の消費離れにもなりかねない」と懸念。
「口蹄疫に感染している牛肉は市場に出回っていないということを、もっと広く知ってもらう必要がある」と訴える。
水戸市中心部の常陸牛ステーキ店のオーナーも「(同じ)牛肉なのでイメージ的に悪いという気持ちはある。
(口蹄疫発生後)客足がいくらか遠のいているような気がする」。
:口蹄疫風評被害を懸念飲食店ピリピリ-マイタウン茨城(身の程を知らない者は馬鹿だが、自分で自分を縛る者はもっと大馬鹿だ)http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000001005210003

幸福になる必要なんかありはしないと、自分を説き伏せることに成功したあの日から、 幸福がぼくのなかに棲みはじめた



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加