Sponsored Link


論文不正の多比良教授(東京大学大学院工学系研究科)、産業技術総合研究所が“解雇”論文不正の多比良教… 



Sponsored Link
 


論文不正の多比良教授(東京大学大学院工学系研究科)、産業技術総合研究所が“解雇”

論文不正の多比良教授、産業技術総合研が“解雇”東京大学大学院工学系研究科の多比良和誠教授らによる論文不正疑惑に絡み、多比良教授が研究センター長を兼務する産業技術総合研究所(茨城(誰も見ていないかのように踊りなさい。一度も傷ついたことがないかのように愛しなさい。誰も聴いていないかのように歌いなさい。この世が天国であるかのように生きなさい)県つくば市)が4月以降、教授と雇用契約を結ばないことがわかった。
事実上の解雇に当たるとみられ、東大での処分にも影響を与えそうだ。
多比良教授は1987年に通産省・工業技術院(現産総研)の主任研究員になり、2003年から産総研ジーンファンクション研究センター長を務めている。
東大教授を兼務しているため、身分は契約職員で、毎年契約を更新している。
産総研は、多比良教授に「懲戒処分ではないが、契約を継続しない」と24日に通告したという。
讀賣新聞http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060329ic01.htm・産業技術総合研究所http://www.aist.go.jp/

「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加