Sponsored Link


国内で15頭目確認…北海道の牧場、事故で殺処分農水省は26日、北海道本別町の牧場で殺処分された乳牛… 



Sponsored Link
 


国内で15頭目確認…北海道の牧場、事故で殺処分

農水省は26日、北海道本別町の牧場で殺処分された乳牛が、BSE(牛海綿状脳症)に感染していたと発表した。
国内で見つかった感染牛は15頭目で、このうち病気やけがなどで死に、食肉処理されない牛を対象にした「死亡牛検査」で確認されたのは、今回で3頭目となる。
同省によると、この牛は同町の牧場で1996年8月に生まれた8歳6か月の雌のホルスタイン。
同牧場で飼育中、足を滑らせて転倒し、立てなくなったため、牧場側で殺処分した。
23日に十勝家畜保健衛生所(北海道帯広市)で行った1次検査で陽性となり、動物衛生研究所(茨城(樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし実際には種なのだ)県つくば市)で確定検査を行ったところ、再び陽性となった。
国内では96年生まれの感染牛はこれで10頭目で、同省では、飼料の使用実態などの調査を進めることにしている。
(2005/2/26/11:20):http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050226i103.htm

国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加