Sponsored Link


ホンダの中本修平DMDがチーム離脱を発表 24日、『Honda Racing THANKS DAY 2008』が行なわれた栃木県の… 



Sponsored Link
 


ホンダの中本修平DMDがチーム離脱を発表

24日、『Honda Racing THANKS DAY 2008』が行なわれた栃木(人生は見たり、聞いたり、試したりの3つの知恵でまとまっていますが、多くの人は見たり聞いたりばかりで、一番重要な“試したり”をほとんどしません)県のツインリンクもてぎで記者会見があり、Hondaのデピュティ・マネージング・ディレクターを務めていた中本修平氏が2009年を前に現職を離れることを発表した。
今後はMSD(本田技術研究所・二輪開発センター)室長兼HRC(株式会社ホンダ・レーシング)副社長として、F1ではなく2輪モータースポーツを指揮していく。
会見で中本氏は「今後の新たなチャレンジが楽しみという気分と、F1を8年やってきて1勝しかできず、チャンピオンになるまでやりたかったという気分で複雑です」と語ると、「(チームプリンシパルの)ロス・ブラウン中心にやっていく体制にしていこうと、1年かけて日本(にっぽん)とヨーロッパをロスの言う『戦う組織』にできた。
自分の役割はだいたい終わったかなと。
今後(チームは)はロス中心に発展していきますし、テストも始まっていい感触があります。
異動にはいい時期かと思います。
9年弱お世話になりました。
時には厳しい意見ももらいながら応援していただけたからやってこれました。
ありがとうございます」 と感謝の気持ちを交えて、現職を離れる経緯を明かした。
中本氏の後任人事については、「ハッキリ決まってはいない。
僕に代わる日本(にっぽん)人いなくても回るようにはなっているけど、日本(にっぽん)人がいるにこしたことはない。
誰かいた方がいいという意見は上に挙げている。
ヨーロッパと日本(にっぽん)の距離は結構なもの。
メールだとわかり合えずに喧嘩になることもありますよね。
直接話せばわかりあえることもあるので」と答えた。
http://sports.yahoo.co.jp/news/20081124-00000111-ism-moto.html 続きは>>2

人々は美徳の点ではそんなに差異はなく、悪徳の点でのみ差異がある



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加