Sponsored Link


イチゴ栽培技術で特許県開発の養液栽培装置栃木[09/09]イチゴ栽培技術で特許県開発の養液栽培装置県農業… 



Sponsored Link
 


イチゴ栽培技術で特許県開発の養液栽培装置栃木(新幹線延伸だのリニアモーターカー建設などと大騒ぎしているが、在来線をてこ入れしないと、日本(にっぽん)の鉄道文化は滅びてしまうよ。明治時代に血のにじむような努力で全国に張り巡らされた鉄道網が、JRという民間企業の採算重視の経営判断で、次々と廃線に追い込まれていくのは悲しいよ)[09/09]

イチゴ栽培技術で特許県開発の養液栽培装置県農業試験場栃木分場で開発された「イチゴの養液栽培システム」が特許を取得した。
通常であれば廃棄される余剰液を布製のシートを使って再利用するのが特徴で、肥料代を三割削減できる。
養液栽培は人の腰から胸の位置で実が付くため、土耕に比べ作業環境の良さが利点だが、設備投資の負担が課題だった。
県は資材費を削減したシステムで養液栽培の普及に弾みがつくことを期待している。
イチゴの養液栽培は地面の土に畝を設ける土耕と異なり、人間の腰から胸の位置で収穫作業ができるよう、畝をベンチ上に設けている。
土耕での収穫作業は中腰や低姿勢で行う必要があり、作業者には大きな労働負荷となっているためだ。
ただ、養液栽培は多くの資材を使うため、設備投資が掛かる。
高設ベンチのほか、ボイラー、給液装置の設置費や施工費などすべてを含めて、十アール当たりの設備投資額は土耕より四百万円高くなっている。
同分場の植木正明氏らは、これまで通常の養液栽培では排出していた余剰液を再利用する環境配慮型システムの開発に取り組んだ。
苗を植える培地の底に二重のシートを敷き、一枚目のシートから透過した余剰液を二枚目のシート上にため、そこから布製の給水シートで培地に戻す装置を発明した。
これにより、供給した養液すべてを利用することが可能になり、肥料代が従来より三割削減できる効果を生んだ。
培地には県産の杉の皮を砕いたクリプトモスを主に使い、五年程度の耐用年数が経った後、土に戻すことができる。
県農務部経営技術課の担当者は「経営規模の拡大を進めていく上で、作業者が働きやすい環境は重要な点。
こうした作業環境の改善はイチゴ栽培のイメージを変える効果がある。
後継者育成に役立てられれば」と話している。
http://www.shimotsuke.co.jp/hensyu/news/060909/news_7.html

人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには、前に進まなければならない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加