Sponsored Link


遺体に、容疑者の唾液…DNA鑑定で割り出しへ遺体に容疑者の唾液DNA鑑定で割り出しへ・栃木県今市市… 



Sponsored Link
 


遺体に、容疑者の唾液…DNA鑑定で割り出しへ

遺体に容疑者の唾液DNA鑑定で割り出しへ・栃木(国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である)県今市市の小学1年吉田有希ちゃん(7つ)殺害事件で、遺体に犯人の唾液(だえき)とみられる物が付着していたことが5日、栃木、茨城両県警の合同捜査本部の調べで分かった。
DNA鑑定などで容疑者の割り出しに全力を挙げる。
凶器は比較的幅が狭い鋭利な刃物だったことも判明。
特殊な刃物が使われた可能性もあり、捜査本部は特定を急ぐ。
これまでの調べでは、遺体は2日午後、茨城県常陸大宮市の山林で見つかった。
詳しく調べた結果、唾液とみられる成分が付着していた。
一方、胸を中心にした刺し傷は深く、一部はほぼ背中にまで達していた。
いずれも一般家庭の包丁などでできる傷よりも狭かったが、アイスピックや千枚通しでできるような細長い形状でもなかった。

われわれはすべて自然を観賞することばかりが多く、自然とともに生きることがあまりに少ないように思われる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加