Sponsored Link


栃木県内自治体、借金2兆4000億円平成以降2.5倍に[05/18]県内自治体、借金2兆4000億円平成以降2.5… 



Sponsored Link
 


栃木(毎月少しずつお金を貯めていきなさい。 そうすれば年末にはびっくりすることでしょう。あまりの少なさに)県内自治体、借金2兆4000億円平成以降2.5倍に[05/18]

県内自治体、借金2兆4000億円平成以降2.5倍に県と県内市町村(一部事務組合を含む)の2004年度末の債務(借金)残高は2兆4000億円を超えることが、16日までの下野新聞社の調べで分かった。
1989(平成元)年度末の残高は1兆円を下回っており、平成に入ってからの15年間で2.5倍に膨らんだ。
財政事情は今後ますます厳しくなることが予想され、各自治体はさらなる借金の削減努力が求められる。
県の一般会計の残高が一兆円に上ることは知られているが、県内自治体の総枠を把握するため、県の資料を基に独自に集計した。
集計は県と市町村の普通会計(一般会計と公営事業を除く特別会計の合算)と上下水道などの企業会計、市町村が設置した一部事務組合の残高を足し合わせた。
最新の数値である〇四年度末の残高は、県の普通会計が一兆三十四億円。
四十四市町村(当時)の普通会計の合計が六千六百八十三億円。
県と市町村の企業会計と一部事務組合の合算が七千六百二十三億円。
合計の二兆四千三百四十億円は、県の一般会計予算(本年度は八千百九十三億円)のちょうど三年分に相当する。
バブル経済さなかの八九年度の残高合計は九千七百億円だった。
しかし九〇年度以降は10%前後の高い伸びを示し、九五年度は11・9%を記録した。
http://www.shimotsuke.co.jp/hensyu/news/060517/news_1.html

われわれのモットーは、周知のごとく自然に従って生きよ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加