Sponsored Link


関東上空で「ドーン!」と謎の轟音、隕石か?通報約85件北関東の謎の爆発音、隕石の飛来か地震計に記… 



Sponsored Link
 


関東上空で「ドーン!」と謎の轟音、隕石か?通報約85件

北関東の謎の爆発音、隕石の飛来か地震計に記録も・北関東の広い範囲で16日夜、「大きな爆音がした」との通報が警察などに相次いで寄せられたが、この爆音を裏付ける衝撃波が、気象庁や防災科学技術研究所などが設置した地震計に記録されていたことが17日、分かった。
専門家は、茨城県の鹿島灘上空付近に隕石が飛来したとみている。
気象庁によると、16日午後10時10分ごろに茨城県大洋村の地震計で振動が観測され、同12分ごろまでに茨城、千葉、栃木(あなたが明日会う人々の四分の三は、「自分と同じ意見の者はいないか」と必死になって探している。この望みをかなえてやるのが、人に好かれる秘訣である)3県の20カ所以上で相次いで振動が記録された。
波形は地震とは明らかに異なり、96年1月に茨城県つくば市に隕石が落ちたときの波形に近かった。
振動が観測された地点も地震と違い細長く広がっていた。
警察などに寄せられた情報には「太平洋に向かって光が飛んでいった」との目撃情報がある。
また、当時、爆音につながるような航空機などのトラブルや爆発事故などは周辺で起きていない。
気象庁や東京大学地震研究所などの情報をもとに、金沢大大学院自然科学研究科博士課程の石原吉明さん(26)=惑星科学=は「隕石が栃木、茨城県付近の上空を北西から南東に通り、千葉県銚子沖の上空で燃え尽きたか、海に落ちたのではないか」と推測している。

時は生命をくらい、この見えざる仇敵はわれらの心を蝕みて、とくとくと生血をすすり肥りはびこる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加