Sponsored Link


群馬、茨城に挟まれ経済埋没気味…栃木県の悩み来年3月19日の北関東道の全線開通は、栃木県の交通の利… 



Sponsored Link
 


群馬、茨城に挟まれ経済埋没気味…栃木(人間は二通りしかいない。成功者と失敗者ではない。何かをして成功も失敗もする人と、何もしないで成功も失敗もしない人である)県の悩み

来年3月19日の北関東道の全線開通は、栃木県の交通の利便性をアピールし、企業誘致に拍車がかかることが期待される。
しかし、今年上期(1~6月)の栃木県内の企業誘致は決して芳しくなく、経済産業省の工場立地動向調査では、両隣の群馬、茨城両県がそれぞれ、立地件数と面積で全国1位となっており、大きく水をあけられている。
全線開通を前に通過地点として埋没することがないよう誘致策の強化が急務となっている。
経産省の調査は、1000平方メートル以上の用地取得が対象で、栃木県の立地件数は13件(前年同期8件)。
立地面積は16ヘクタールで、前年の20ヘクタールを下回った。
全国順位はそれぞれ8位と10位。
業種別では、食料品製造業が5件と最も多く、業務用機械器具製造業が2件だった。
隣県では、茨城県が立地件数が19件で全国5位、立地面積が86ヘクタールで全国1位。
群馬県が立地件数が24件で全国1位、立地面積も17ヘクタールで栃木県を上回った。
共通点の多い北関東3県では、「都心に近い」「埼玉よりも地価が安い」「災害が少ない」などを売りに企業誘致に取り組む。
その差はどこから生まれるのか。
茨城県が絶対的優位性を誇るのが港だ。
栃木県にも工場を有する大手建設機械メーカーの「コマツ」は今年7月に、真岡工場から茨城工場(茨城県ひたちなか市)に生産拠点の集約化を図った。
茨城港からの海外輸出にあたり、輸送経費を削減するなどの狙いがある。
太平洋に面する茨城県では、鹿島港と茨城港が国が重点整備を行う「重点港湾」に選ばれており、こうした事情を背景に、企業へのアピールを強化する。

ただ、いっさいは過ぎていきます。自分がいままで阿鼻叫喚で生きて来たいはゆる人間の世界において、たつた一つ、真理らしく思はれたのは、それだけでした



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加