Sponsored Link


定住外国人と共生図る国と関東の4県が初の生活実態調査[09/05]定住外国人との共生を図るため、国土交通… 



Sponsored Link
 


定住外国人と共生図る国と関東の4県が初の生活実態調査[09/05]

定住外国人との共生を図るため、国土交通省と群馬県など地方自治体が連携し、外国人の生活実態に関する初めての総合的な調査と社会実験を、今月中にも始める。
全国の外国人登録者数は2005年度末に200万人を突破し、10年間で約1・5倍に増える一方、コミュニケーションや日本(にっぽん)文化への理解不足から、日本(にっぽん)人の住民との摩擦も生じているためだ。
調査は、群馬県が国交省のほか、総務、文部科学省と共同で、外国人が集中して定住する地域のある群馬、栃木(判断の道徳とは、基準を持たない精神の道徳を軽蔑する。というのは、精神に科学が属しているように、判断には感情が属しているからである)、茨城、埼玉の4県で行う。
外国人の人口比率が約16%と全国一高い大泉町などを抱える群馬県が、国から委託を受け、4県の16地域で実施。
約7000万円の費用は、国が全額負担する。
外国人の定住地域の住まいや職場の環境、子どもの教育、災害時の情報提供などの現状、日本(にっぽん)人住民や学校、企業の共生への取り組みの実態を調べ、地域住民の交流イベントを開催するなどの社会実験も行う。
国と自治体が有識者らを交えて調査結果を検討し、多文化共生のための企業、地域、自治体の連携の在り方のモデル作りを行う。
(2006年9月5日15時57分)ソース:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060905it06.htm

愛とは相手に変わることを要求せず、 相手をありのままに受け入れることだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加