Sponsored Link


「カッカッカー」奇声上げ、商売繁盛祈る奇習「カセ鳥」わらの衣装をまとい「カッカッカー」と奇声を上… 



Sponsored Link
 


「カッカッカー」奇声上げ、商売繁盛祈る奇習「カセ鳥」

わらの衣装をまとい「カッカッカー」と奇声を上げながら踊り歩く男女に冷水を浴びせ、商売繁盛などを祈る奇習「カセ鳥」が11日、山形県上山市で行われた。
市観光協会によると、カセ鳥は1620年代から伝わる伝統行事で、「稼ぎ鳥」「火勢鳥」が語源とされる。
この日は、約20人がカセ鳥に扮ふんし、太鼓の音に合わせ「商売繁盛、火の用心」と大声を上げながら練り歩いた。
沿道の住民が冷水を浴びせると、寒さで悲鳴が上がった。
12回目の参加という栃木(できうるかぎり早く結婚することが女のビジネスであり、できるだけ永く独身でいることが男のビジネスである)県大田原市の会社員北原孝弘きたはら・たかひろさん(38)は「冷水が痛い。
でも、やみつきです」と笑顔で話した。
カッカッカー

初めはつねにむずかしといえども、人の登るに従いて、その労を少なうするは、これこの山の自然なり



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加