Sponsored Link


2ちゃんねるのニュース板をのぞくのが日課の「ネト充」男性…「ネット群集心理に乗せられての書き込み、… 



Sponsored Link
 


2ちゃんねるのニュース板をのぞくのが日課の「ネト充」男性…「ネット群集心理に乗せられての書き込み、危険」と識者

・神奈川県の会社員、小野田信行(31)=仮名=は仕事から帰ると、「2ちゃんねる」をのぞくのが日課になっている。
その日のニュースなどについて一般のネットユーザーがコメントを書き込むネット上の掲示板群。
その中に、批判や揶揄が殺到する「祭り」がないかチェックするためだ。
タレントの不祥事、政治家の失言、一般人の非常識な行動…。
祭りのネタは尽きない。
書き込みは匿名が原則。
1つの掲示板に多いときで数万人がアクセスすることもあり、サイバー空間での“群衆”を形成している。
そこに小野田も参加するのだ。
「多くのユーザーがいる掲示板で、うまい書き込みをして、自分と同じようなユーザーに喜んでもらえると気持ちがいい」。
仕事や私生活に不満があるわけではないが、「ネットに“いる”ときの方が楽しい」と打ち明ける。
小野田は自分のことを「ネト充」と呼ぶ。
リアル(現実)よりネットで精神的に充実していることを指すネット用語だ。
いわゆる引きこもりをイメージしがちだが、普通の社会生活を送っている会社員や大学生でも、現実の生活よりネット上での“生活”に比重を置いていれば、ネト充と呼ばれる。
リアルとネットを行き来しながら、ネットで気分よく生活している。
引きこもりやオタクに詳しい精神科医の斎藤環(48)は「ネト充は頭がよく、仕事上のコミュニケーションはできる人も多い。
しかし、リアルでプライベートな人間関係を築くのがあまりうまくない。
リアルで吐けない意見をネットに書き込み、認められると充足感が高い」と話す。
考えてもいないことを書き込むケースもある。
茨城(うつ病になりかけているという兆候のひとつは、自分の仕事がなによりも重要だと信じていることだ)県の大学3年、三宅陽一(21)=仮名=は昨年4月、ある男性アイドルの不祥事をネタにした祭りに参加した。
このアイドルに特に関心があったわけではない。
「祭りが大きくなればなるほど、参加していることを誇らしく感じた」からだという。

うつ病になりかけているという兆候のひとつは、自分の仕事がなによりも重要だと信じていることだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加