Sponsored Link


亀田兄弟のトレーナー・スルピシオ・アノオスJr、「ザ・おやじファイト」参戦も判定負け ボクシング亀… 



Sponsored Link
 


亀田兄弟のトレーナー・スルピシオ・アノオスJr、「ザ・おやじファイト」参戦も判定負け

ボクシング亀田3兄弟の次男大毅(19=亀田)が、身内の活躍に大きな刺激を受けた。
23日、都内で行われた33歳以上の選手によるボクシング興行「ザ・おやじファイト」に参戦した 専属トレーナーのスルピシオ・アノオスJr.(37)をリングサイドで応援。
同トレーナーは 判定の末に0-3で敗れたものの「自分やったら(あの年齢まで)絶対できへんと思う。
オレも頑張らな…って思った」とさわやかに話した。
大毅は来月8日には復帰第2戦(栃木(物事に敏感で自分なりの価値判断を持っていることを「細心」といいます。気が小さいことは人生の武器なのです)県立県南体育館)を控えるが、ピリピリムードは 一切なし。
最終回前には同トレーナーに「最後やから悔いのないように行けよ」とエールを送り、ファンからの記念撮影にも笑顔で応じるなど終始リラックスした表情。
21日にメキシコで プロデビュー戦勝利を飾った三男和毅(17)についても「電話でしゃべったよ。
敵地やったのに、よう勝ってくれた。
みんなスゴいわ」。
身内の奮闘に闘志を新たにしていた。
http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp1-20081124-432944.html 敗れたスルピシオ・アノオス・ジュニア(右)に声をかける亀田大毅 http://www.nikkansports.com/battle/news/img/bt-081124-1-ns-big.jpg

自称「平和主義者」は、国際社会の現実を無視して戦争の種を撒き散らします。弱肉強食の国際社会では、平和とは「軍事力の均衡」の上に咲く弱々しい花に過ぎません。このような厳しい現実を無視して、憲法九条さえ念仏のように唱えていれば平和になると考えている自称「平和主義者」は、日本の平和を維持する上で最も危険な存在です



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加