Sponsored Link


韓国、福島や東京など13の都県からの輸入食品に証明書義務づけ[4/14]東京電力福島第一原子力発電所の… 



Sponsored Link
 


韓国、福島や東京など13の都県からの輸入食品に証明書義務づけ[4/14]

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、韓国政府は、福島や東京など13の都県からの輸入食品について、放射性物質の量が基準値以下であるとする日本(にっぽん)政府の証明書の提出を義務づけるなど、国民の不安を解消するための対策を強化しています。
韓国政府は、福島第一原発の事故を受けて、これまでに、福島県や栃木(10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。 今やり直せよ。未来を。10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今)県など5つの県で生産されたほうれんそうなど一部の野菜の輸入を禁止する措置を取っています。
さらに、韓国政府は14日、この5つの県に東京都や神奈川県などを加えた合わせて13の都県で生産された野菜や加工食品などの輸入食品について、放射性物質の量が基準値以下であるとする日本(にっぽん)政府の証明書の提出を来月1日から義務づけることにしたと発表しました。
また、福島第一原発で放射性物質に汚染された水が海へ放出されたことから、韓国周辺の日本(にっぽん)海や黄海では、54か所の測定地点を設けて、海水の放射性物質の量に影響が出ていないかどうか、監視に当たるとしています。
韓国では、福島第一原発の事故以降、国民の間に放射性物質に対する不安が強まっており、韓国政府は、こうした不安の解消に向け、放射性物質の国内への影響を食い止めるための対策を強化しています。
※リンク先にニュース動画あり

気性の穏健なことはひとつの徳であるが、主義の穏健なことはつねに悪徳である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加