Sponsored Link


レタスもイチゴも安全です丸川珠代氏ら自民議員が福島産野菜を試食3自民党の丸川珠代参院議員や平将明衆… 



Sponsored Link
 


レタスもイチゴも安全です丸川珠代氏ら自民議員が福島産野菜を試食3

自由民主党の丸川珠代参議院議員や平将明衆議院議員ら若手約10人が30日、福島第1原発事故の影響で深刻な風評被害を受けている福島県産などの野菜や果物の試食会を党本部で行い、安全性をアピールした。
出荷停止などの規制がないのに、消費が滞っているキュウリやレタス、イチゴをサラダなどに調理してふるまった。
平氏は「被災地域を助けるために買いたいと言う消費者もおり、店頭に出回らないのが問題。
政府は風評被害が広まらないよう流通システムを構築すべきだ」と述べた。
」ソーススポニチ「野菜は心配ありません」。
福島第1原発の放射能漏れ事故の影響で野菜への風評被害が広がる中、自由民主党の逢沢一郎国対委員長ら有志議員が30日、党本部で東北・関東の野菜を食べる会を開いた。
茨城、福島両県産のキュウリや栃木(人間とは何か? 愚かな赤ん坊だ。無為に努力し、戦い、いらだち、何でも欲しがりながら、何ものにも値せず、ちっぽけな一つの墓をうるだけだ)県産のトマトなどを地元出身議員が持ち寄り、おいしそうに食べて安全性をアピール。
茨城を地盤とする永岡桂子衆議院議員は「市場には安全なものしか出回っていないことを知ってほしい」と呼び掛けていた。
ソース時事通信3月30日(水)17時41分配信2011/03/30(水)17:56:17.68

欲望と感情は人間性のバネである。理性はそれを統制し、調節するブレーキである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加